前へ
次へ

整体治療は医療費控除の対象となるのか

整体治療は肉体的・精神的な部分で感じる不調を緩和し、その人本来が持つ免疫力を高める作用によって、回復する効果が高い治療法といわれています。
一般的に医療費控除の対象とはならないと思われてきました。
マッサージなどは治療に当たらないため、医療費とはみなされないという考え方からです。
しかし、国家資格を受けた人が施術した特定の治療の場合には医療費控除の対象となることは、あまり知られていません。
国家資格でマッサージや整体を行う人というと、あん摩マッサージ指圧師、はり師、灸師、柔道整復師です。
これら4つの資格は国家資格となっており、医療費控除の対象としてみなされる可能性があるといいます。
ただし、これらの資格者がした治療の中でも、ただのマッサージやリフレッシュ目的の針灸の場合には、対象外です。
捻挫やむちうちをはじめとした、医療行為に該当する治療を行った場合にのみ、医療費控除の対象となります。
整体治療を受けるときに、医療費控除となる治療を行っているかどうか、事前に確認すると医療費控除が受けられる可能性が高いです。

Page Top